飯箸会長年頭ご挨拶

平成31年 元旦


  あけましておめでとうございます。
 
  昨年のOB会総会で、鳥居会長から引き継ぎました飯箸(いいはし)弘です。
 今回が初めての年頭挨拶です、よろしくお願いします。
 
  私は、昭和46年入社、平塚工場、本社、長浜工場、本社と勤務し、その間、
 パイプ関係を中心にタンク、タワー、建材、メタル等関係者の皆様に大変お世話になりました。
 鳥居会長のような人格者ではありません。
 ご指導の程お願いいたします。
 
  昨年は、1月に関東甲信越で大雪、草津白根山の噴火ではじまり、大分山崩れ、
 西日本豪雨、北海道地震、多数の大型台風等と全国的に災害の連続、
 自然の前には我々は無力であることを痛感させられた一年でした。
 年の漢字も「災」となりましたが、その分、今年は「災い転じて福」としたいものです。
 
  さて今後のOB会運営につきましては、従来とは変わっていくのではと思っております。
 従来でしたらOB会のことは我々の中で決めていけばそれでよかったのですが、
 三菱ケミカル社が設立し三菱化学、三菱レイヨン及び三菱樹脂が統合され、
 ケミカル社のもとの3つのOB会となりました。
 そんな中、それぞれのOB会は独自のペースで物事を決めるというより
 他の2つのOB会との足並みを揃えた判断が必要となり、
 そんな調整の時代になってきます。
 
  勿論、各支部の活動は従来通り活発に懇親を深めていただくことには変わりません。
 大いにOB会を利用して楽しんでいただきたいと思います。
 
  最後に、今年が皆様の素晴らしい年になりますことをお祈り申し上げ、新年の挨拶といたします。
 

見出しページに戻る