本部地区第118回歩こう会

「横浜山手西洋館めぐり」

令和4年5月12日(木) 参加者10名

 ( 顔の部分にマウスポインタを当てると名前が出ます 敬称略)
集合写真@
後列左より、山岸鷹雄、富山憲一、飯箸 弘
中列左より、西牟田 健、門田明徳、原田浩次、高田祐治
前列左より、松内俊夫、小花秀一、山崎進弘
 ( 顔の部分にマウスポインタを当てると名前が出ます 敬称略)
集合写真A
後列左より、山岸鷹雄、富山憲一、門田明徳、原田浩次、小花秀一
前列左より、高田祐治、山崎進弘、飯箸 弘、松内俊夫、西牟田 健

  新型コロナが感染拡大したことで昨年、一昨年と
 本部歩こう会は全ての行事を見送ってきましたが、
 感染者数の減少傾向が見えてきたことから2年4か月ぶりに行事を再開することとし、
 今年度最初の企画として「横浜山手西洋館めぐり」を実施しました。
 当日は天候の崩れが予想されていましたので、
 空模様を気にしながらJR根岸線の石川町駅をスタートしました。
 
  駅を出てすぐ右折し、大丸谷坂を上がっていくと約5分で「ブラフ18番館」に到着。
 大正末期に建てられた外国人住宅で、平成3年までカトリック山手教会の司祭館として使用され、
 平成5年にイタリア山庭園内に移築されました。
 建物は関東大震災前の外国人住宅の特徴を残していて、
 真っ白な外壁にグリーンの窓枠が映える外観でした。
 庭にはミニチュアの洋館がありました。
 
  すぐ隣が「外交官の家」。
 明治43年に明治政府の外交官・内田定槌の邸宅として、東京都渋谷区南平台に建てられました。
 平成9年にこの地に移築復元され、同時に国の重要文化財に指定されたそうです。
 窓からは横浜みなとみらい地区が一望できました。
  
  山手本通りを歩きカトリック山手教会を右折、少し行くと「山手テニス発祥記念館」に到着。
 イギリスで始まったローンテニスが明治9年に横浜に伝わり、
 ここからテニスが全国に伝わったそうです。
 そのことを記念して建てられたのがこの建物で、テニスウェアやラケットの変遷など、
 テニスの歴史が展示公開されています。
 現在とは曲調の違う「最初の君が代」も聞くことができました。
 
  すぐそばには「旧山手68番館」があります。
 外国人向け賃貸住宅として昭和9年に山手68番地に建てられましたが、
 昭和61年に現在地に移築され、現在は山手公園管理事務所となっています。
 
  山手本通りまで戻り、進んでいくと左手が「ベーリック・ホール」です。
 イギリス人貿易商B.R.ベーリック氏の邸宅として昭和5年に建築されました。
 現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建築物だそうです。
 
  すぐお隣が「エリスマン邸」。
 日本の建築界に大きな影響を与え、「近代建築の父」と呼ばれたアントニン・レーモンドが設計、
 生糸貿易商のスイス人、エリスマン氏の私邸として大正15年に127番地に建築されました。
 現在の元町公園には平成2年建築復元されたとのこと。
 
  道路を渡ったところが「山手234番館」です。
 昭和2年頃に建築された外国人向けのアパートメントハウスで、
 横浜市に現存する数少ない遺構の一つとのこと。
 建物を出ると、向かいには何ともレトロな電話ボックスが立っていました。
 
  歩くこと約10分で「横浜市イギリス館」に到着。
 昭和12年に英国総領事公邸として建築された建物で、高い天井や重厚なドアなど、
 当時の英国王室の風格が感じられます。
 平成2年に横浜市文化財に指定されています。
 
  少し先に行くと「山手111番館」です。
 大正15年に、アメリカ人J.E.ラフィン氏の住宅として現在地に建築されました。
 スパニッシュスタイルの赤瓦と白い壁が美しい西洋館です。

  途中、小雨が降ったりやんだりの中、無事に西洋館めぐりを終え、
 バラの花が満開の「港の見える丘公園」で花をめでながら一休憩した後で中華街に足を向けました。

  飯箸さんの乾杯のご発声で懇親会をスタート、
 久し振りの開催ということもあってよもやま話は尽きませんでしたが、
 予定の2時間を迎えたところで閉会となりました。
 それぞれの西洋館の庭園にはバラの花が真っ盛り、
 「港の見える丘公園」でも各種のバラの香りに包まれて、最初から最後まで花に囲まれた一日でした。
  
  次回は新型コロナの感染状況次第ですが、
 10月6日(木)に「レインボーブリッジを歩いて渡る」を予定しています。
 
  今回の出席者は10名でした。(敬称略)
  飯箸 弘、高田裕治、富山憲一、西牟田健、原田浩次、松内俊夫、
  門田明徳、山岸鷹雄、山崎進弘、小花秀一
 
                                          (小花秀一 記)
           
  
ブラフ18番館バラ園@
  
バラ園Aバラ園とイギリス館
  
山手111番館ベイブリッジを望む
  
大桟橋係留大型客船懇親会風景@
懇親会風景A

見出しページに戻る