「政治記者 前田蓮山物語」

前田又彦(筆名連望)


 
  1968年入社の前田又彦(筆名連望)です。
 この度、「政治記者 前田蓮山物語」(576頁)を自費出版いたしました。
 
  この本は、明治大正昭和の三代に活躍したジャーナリストであり、
 小生の祖父前田蓮山の伝記です。
 
  政党内閣を組織した平民宰相原敬の邸に出入り自由を許された政治記者。
 原敬が目指した政党政治、その何たるかを追い求めたジャーナリスト。
 
  原敬研究の先駆者であり、「原敬伝」「床次竹二郎伝」「星亨伝」の著作は、
 日本の生きた政治史ともいわれました。
 
  87歳で「歴代内閣物語」上下二巻を書き上げ、最後までペンを離さなかった
 清貧な物書き人生を、著者が7年の歳月をかけ膨大な文献を収集して、
 その生涯を明らかにしまた。
 
  今年は原敬が政党の首領として初めて政党内閣を組織(大正7年=1918年)
 してから100年に当たります。
 
  平民宰相「原敬」の著者である蓮山の活動を通じて、
 政党政治とはどのようなものかを知る、一助になるのではないかと書いたものです。
 
  日本近代史、政党史、原敬、政治記者、ジャーナリストの伝記、
 などに興味のある方にお勧めいたします。
 
 
  本書の購読をご希望の方は下記へご一報ください。(書店販売はしておりません)
 〒224-0051 横浜市都筑区富士見が丘24-10  前田又彦(連望)
   e-mail  psbmaeda@yahoo.co.jp
   TEL   090-6883-2813
 

見出しページに戻る